治療症例

治療症例

感染根管治療

  • Before
  • After
症状

根の治療を他院でおこなったものの、すっきりせず転院。
術前のX線写真では歯の側面に黒い影が見られます。

治療方法

細菌検査を併用しながら根の治療を行いました。
抗生剤で根の内部の殺菌処置を行った後、根管充填を行い、最終的にはメタルボンドクラウンを用いて補綴処置を行いました。治療開始から8年。現在のところ、安定して経過を観察している状態です。

費用

根の治療費用とメタルボンドクラウンの費用を合わせて約30万円

備考

根の治療に3ヶ月ほど要しました。
根の治療自体は成功率は90%ほどですが、約10%ほどの確率で外科処置に移行する可能性はあります。

詳細を見る

噛み合わせの治療

  • Before
  • After
症状

根の奥が痛いとのことでいらっしゃいました。
ブリッジの支台になっている歯なのですが、噛み合わせの状態が非常に悪く、グラグラしていて いつ抜け落ちてもおかしくない状態でした。

治療方法

手前の歯とブリッジで繋がっていたのですが、それを切断して、クラウンのみセラミックのものにやり変えました。
根の治療は殆ど触らず金属の土台をグラスファイバーに変えて、セラミックで補綴のみ行いました。
ただ、噛み合わせの調整は数ヶ月かけてゆっくり行いました。
根の病から起きている痛みなのか? 噛み合わせに問題があるのか? それは診査診断が重要です

術後は治療後7年後です。
なんとか使えております。

費用

グラスファイバーの土台とセラミックのクラウンで約18万円

備考

仮歯の期間が5ヶ月近くになりました。その間、噛み合わせが安定するのを待ちました。
一週間に一度程度の来院で、少しずつ安定する位置を模索しました。
噛み合わせの調整は真剣に行うと何ヶ月もかかることがあります。

詳細を見る

根の治療中のトラブル

  • Before
  • After
症状

左上の前歯がグラグラするとのことで治療を開始しました。根の奥の方に違和感もありました。

治療方法

右上の前歯二本は保険治療で治療していたのですが、左上の前歯はセラミックを使って治療することになりました。

費用

根の治療とセラミックの補綴治療で約30万円

備考

治療期間は約1ヶ月。
途中でメタルコアが折れて体内に入ってしまったため、最悪の場合手術が必要になるかもと説明させていただきました。
幸いなことに自然に排出されてきたので大事には至りませんでしたが、このような問題が起きる可能性もあります

詳細を見る

根の治療(感染根管治療)

  • Before
  • After
症状

奥歯の根の先端付近を押すと痛みがあるとのことで診させていただきました。根の病は大半が痛みを伴わずに静かに進行します。これもその一つです

治療方法

クラウンを外して根の治療を行いました。
まずは、水酸化カルシウム製剤を用いて根の中の菌を減らしてゆき、根の内部の細菌検査を併用して、菌が減ったことを確認してから今度は抗生剤を用いて根の内部の洗浄を行います。
最終的には、殺菌力の強いMTAセメントを根の内部に詰めて根の治療を終了します。
その後、セラミックのクラウンを装着しました

費用

根の治療とセラミッククラウンの治療を合わせて約30万円

備考

根の治療期間としては二ヶ月ほどかかりましたが、実際、根の先端部分の影が消えていくのを確認するためには6〜12ヶ月程度の時間をかけて経過観察していく必要があります。

詳細を見る

ひび割れ

  • Before
  • After
症状

数年前から奥歯が痛いとのことで、悩んでおられた患者さんです。
この歯には問題がないからということで手前の歯の治療ばかりしておられましたが、全く改善しないとのことで当院で治療開始です。

治療方法

診査診断が最も重要です。
問診や様々な診査診断によりこの歯にまとを絞って、詰め物の除去、そして、内部の虫歯除去を行い、神経に達したのですが、神経はすでに死んでしまっていたのでこの場合には神経を残すことはできませんでしたので感染根管治療に移行しました。
治療というのは、ほとんどの場合歯医者が手を下す前に成功するか否かが決定していると言っても過言ではありません

費用

根の治療と最終のクラウンで30万円程度

備考

治療回数は5回~8回程度。治療期間は3〜4ヶ月

詳細を見る

ページトップへ