神戸の高田歯科では、マイクロスコープ下でダイレクトボンディングを行っております。

治療症例

ダイレクトボンディングとは

歯が欠けた部分やすきっ歯、歯の隙間に特殊な樹脂を直接盛り付けていき、本来ある歯の美しさを再現する治療法です。
また必要最小限の範囲のみを削って治療ができることも大きな特徴です。長く自分の歯で生活するためには、無駄に歯を削ることは避けなければいけません。

小さな虫歯

  • Before
  • After
症状

自覚症状はありませんが歯の表面の溝(裂溝)に虫歯が見えています。
今後虫歯が悪化する前に虫歯治療をすることを勧めました

治療方法

顕微鏡下で最小限の切削による虫歯治療を行うこととなりました。初回に虫歯治療を行い、2回目にコンポジットレジンにて修復を行います。

費用

初回のう蝕治療(虫歯治療)が7万円
2回目の審美修復治療の費用が10万円

備考

麻酔を行い治療します。全2回で2時間の治療時間となります。

詳細を見る

小さな虫歯

  • Before
  • After
症状

点状の小さな虫歯があり、痛みなどはありませんが、予防的に処置を希望されました。

治療方法

顕微鏡下で慎重に極小の切削器具を用いながら虫歯の除去を行なっていきます。その後、コンポジットレジンを用いて修復します

費用

う蝕処置費用7万円+修復処置10万円+税

備考

通常は2回に分けますが、このケースでは一回で終了しました。
浅い虫歯でしたがそれでも麻酔を必要としました

詳細を見る

う蝕治療から修復

  • Before
  • After
症状

自覚症状はないのですが、歯の間には僅かな虫歯があります。少し黒く透けている状態でした

治療方法

極力小さな範囲で切削してそこにコンポジットレジンを充填して修復します

費用

17万円+税金

備考

通常は2回に分けますが、今回は一回で治療しました。
コンポジットレジンはプラスチックの一種なので定期的に研磨をしながら使っていただく必要があります

詳細を見る

一回で確実な虫歯治

  • Before
  • After
症状

デンタルフロスが引っかかるとのことです。でも、実際には深い虫歯があるためにそこにフロスが引っかかっているのです。痛みはなく自覚症状は一切ありませんが、実際にはひどい虫歯なのです。

治療方法

顕微鏡下で虫歯を除去し、その部位にコンポジットレジンを用いて審美的機能的に回復します。

費用

15万円+税

備考

診療回数は一回。ただ、噛み合わせの調整のために後日来てもらう必要があります。

詳細を見る

バイ●ンマンテクニック

  • Before
  • After
症状

セラミックの詰め物が装着されていますが、食べ物が挟まりやすい状態です。特に痛みなどはありませんがフロスが引っかかることもあり、やり直すことになりました

治療方法

セラミックの詰め物よりも精度の高い詰め物を装着しなければなりません。そうなると、ダイレクトボンディング治療というコンポジットレジンを用いた治療をすることになります。今回は、当院の院長が考案したバイ●ンマンテクニックというオリジナル手法にて治療を行うこととなりました

費用

一本の歯につき、虫歯除去費用とダイレクトボンディング費用で合計15万円+税がかかります。

備考

コンポジットレジンは高品質高強度ですが、プラスチック樹脂の一種なので概ね10年程度の寿命を考えております、
通院回数は、一本につき3回程度
一回あたり1時間程度の治療です

詳細を見る

ページトップへ