ダイレクトボンディング|三宮・神戸の歯医者ならマイクロスコープを用いた虫歯治療・お口のメンテナンスなら高田歯科

ダイレクトボンディングの症例

ダイレクトボンディングとは

歯が欠けた部分やすきっ歯、歯の隙間に特殊な樹脂を直接盛り付けていき、本来ある歯の美しさを再現する治療法です。
また必要最小限の範囲のみを削って治療ができることも大きな特徴です。長く自分の歯で生活するためには、無駄に歯を削ることは避けなければいけません。

少年の折れた前歯(1年後)

  • Before
  • After
                               
症状

一年前のことです。
家の階段から落ちて前歯を折った少年。 

治療方法

幸い 神経は問題がなかったのでコンポジットレジンを用いて審美修復することとなりました。
写真は修復一年後です。若干着色とツヤの消失があります。 

費用

10万円

備考

長期的な経過観察が非常に重要です。
また、将来的に神経に問題が起きないか? 歯自体が折れていかないか? そのあたりをメインテナンスで診ています。

詳細を見る

子供の歯が折れた

  • Before
  • After
                               
症状

家の中で怪我をして前歯が折れて来院した小学生の男の子です。
幸い、症状もなく、また、神経の検査や根の状態も問題なかったのですが、このままというわけにはいかないです。

治療方法

他院ではクラウンになるかもしれなかったのですが、なんとか折れた部分だけの治療だけを行おうということになりました

費用

15万円

備考

3回ほどに分けて治療を行います。
詰め物はコンポジットレジンというプラスチックの一種であり、10年程度この状態で使うことになります。
経年的に劣化してきたら、表層だけ削り取って修復しながら長期使おうと考えています

詳細を見る

10年前のレジンのやり直し

  • Before
  • After
                               
症状

10年前に行われたコンポジットレジン治療を審美的にやり直したいとのことで再治療を行うことになりました。

治療方法

10年の間に技術は格段に進歩しました。世界のほとんどの歯科医師はレジンの色を測定する際に術者自身の目の能力に頼りますが、これは科学的ではありません。誰が行っても同じように確実に色を合わせるためにはデジタル技術を用います。
そこで、当院では測色器を用いて色を測定します。その結果、今回は二本の歯に対してそれぞれD2とULという特殊な色を選択しました

費用

一箇所あたり10万円の合計20万円

備考

今回の治療は90分で終了しました
通常、診療回数としては2〜3回で行います。一度で色が適合しない場合には2〜3回やり直すことも稀にあります

詳細を見る

下手なダイレクトボンディングの尻拭い

  • Before
  • After
                               
症状

他院ですきっ歯改善の治療を受けて来られた患者さんです。 これはひどい。
隙間は埋まっていないし、それよりも、レジンの形態が悪く、バリが出ているために食片が停滞しやすくなり、歯肉が炎症を起こして腫れてしまっています

治療方法

本来なら隙間をもう一度埋め直さなければいけないのですが、患者さんの都合もあり今回は歯肉の炎症を改善するためにレジンのバリを取り除くだけにとどめることにしました

費用
備考

詳細を見る

ダイレクトボンディングのやり直し

  • Before
  • After
                               
症状

数ヶ月前に行ったダイレクトボンディングの色があっていないことでやり直しを行うこととなりました。この治療ではアステリアという自費治療用のコンポジットレジンを用いて治療されていましたが、アステリアではこの患者さんの複雑な色を再現できなかったようです。

治療方法

デジタルの測色器を用いて色を測定して、その色を再現できるコンポジットレジンにて治療することとなりました

費用
備考

詳細を見る

ページトップへ