虫歯治療の症例

治療症例

バイ●ンマンテクニック

  • Before
  • After
症状

セラミックの詰め物が装着されていますが、食べ物が挟まりやすい状態です。特に痛みなどはありませんがフロスが引っかかることもあり、やり直すことになりました

治療方法

セラミックの詰め物よりも精度の高い詰め物を装着しなければなりません。そうなると、ダイレクトボンディング治療というコンポジットレジンを用いた治療をすることになります。今回は、当院の院長が考案したバイ●ンマンテクニックというオリジナル手法にて治療を行うこととなりました

費用

一本の歯につき、虫歯除去費用とダイレクトボンディング費用で合計15万円+税がかかります。

備考

コンポジットレジンは高品質高強度ですが、プラスチック樹脂の一種なので概ね10年程度の寿命を考えております、
通院回数は、一本につき3回程度
一回あたり1時間程度の治療です

詳細を見る

虫歯治療

  • Before
  • After
症状

一見見るとどこに虫歯があるのか解りにくいです。もちろん痛みもありません。しかし、フロスがわずかに引っかかります。この小さな虫歯を見逃さないのが顕微鏡治療の醍醐味です

治療方法

まず、1週間かけて歯の間をわずかに離開させます。そうしておくことで作業効率を上げます。そして、治療当日はラバーダムを装着して、1時間半の時間を十分使いながらゆっくりと歯を傷めないようにまた、確実に虫歯の部分を除去していきます。

費用

虫歯の除去とコンポジットレジンによる審美修復治療までを含めて15万円

備考

治療回数は全部で2回です。

詳細を見る

今日の虫歯

  • Before
  • After
症状

全く無症状です。が、鏡でよく見るとはの内部が僅かに黒く透けています。

治療方法

隣の歯を傷つけないように注意をしながら、慎重に削っていきます。やがて、エナメル質の中に細かいひび割れや溶けて白くなっている部分が見えてきます。そのひび割れに沿うかたちで虫歯菌が歯の内部に侵入し象牙質が虫歯に侵されています。

費用

虫歯除去5万円
その後の修復処置は10万円

備考

診療回数は3回。

詳細を見る

乳歯の歯髄温存

  • Before
  • After
症状

7歳の子供です。検診を兼ねて来られた時に虫歯を発見したので虫歯治療を開始しました。 乳歯の場合には神経までの距離が近いので少し削っただけで神経にまで達してしまいます。

治療方法

神経に達してしまったとしても、MTAセメントを用いることで歯髄の温存が可能です。重要なのは虫歯の部位を完全にとってしまうことで、ドックスベストセメントや3Mixなどではこのような治療法は行えません。
重要なのはラバーダムを用いて唾液が混入しないようにできるかどうかです

費用

歯髄温存治療 5万円

備考

詳細を見る

今日の虫歯治療

  • Before
  • After
症状

不良なレジン充填が在ります。
その中には虫歯がありそうなので治療して行くこととしました

治療方法

削る前にラバーダムを装着しておくのは当たり前です。
その状態でレジンを除去していき、う蝕を検知液で染め出しながら完璧に除去します。

費用

う蝕除去5万円
その後のレジン充填治療10万円
その他 一回ごとに基本診療料金が3千円かかります

(全て税抜き)

備考

う蝕除去の結果神経すなわち歯髄にまで達している場合には歯髄温存治療(バイタルパルプセラピー)を行う場合もあります

詳細を見る

ページトップへ