虫歯治療の症例

治療症例

一回で確実な虫歯治

  • Before
  • After
症状

デンタルフロスが引っかかるとのことです。でも、実際には深い虫歯があるためにそこにフロスが引っかかっているのです。痛みはなく自覚症状は一切ありませんが、実際にはひどい虫歯なのです。

治療方法

顕微鏡下で虫歯を除去し、その部位にコンポジットレジンを用いて審美的機能的に回復します。

費用

15万円+税

備考

診療回数は一回。ただ、噛み合わせの調整のために後日来てもらう必要があります。

詳細を見る

今日の虫歯治療

  • Before
  • After
症状

「歯にモノが挟まる!」とのことで観察してみると、この通り大きな穴が! 成人の場合、虫歯が原因で痛みで苦しむことはほとんどありません。このような穴が空いていても慢性の病変なので痛みもなくじわじわと進行しています。 「神経はとりたくない!」との訴えに対してどうやって答えるか?

治療方法

「神経を残したい」との”思い”には共感しますが、実際に神経を取るか取らないかは”開けて見なきゃわかりません!” もちろん意思は尊重しながら神経を残せるように最大限の努力をいたします。 

費用

5万円(う蝕の除去費用) 最終的にクラウンになるので +17万円 と 再診料などがかかります。 

備考

通院回数としては5〜6回はかかります。 治療期間は2ヶ月以上です。 痛みで苦しむことはあまりないと思います。

詳細を見る

バイ●ンマンテクニック

  • Before
  • After
症状

セラミックの詰め物が装着されていますが、食べ物が挟まりやすい状態です。特に痛みなどはありませんがフロスが引っかかることもあり、やり直すことになりました

治療方法

セラミックの詰め物よりも精度の高い詰め物を装着しなければなりません。そうなると、ダイレクトボンディング治療というコンポジットレジンを用いた治療をすることになります。今回は、当院の院長が考案したバイ●ンマンテクニックというオリジナル手法にて治療を行うこととなりました

費用

一本の歯につき、虫歯除去費用とダイレクトボンディング費用で合計15万円+税がかかります。

備考

コンポジットレジンは高品質高強度ですが、プラスチック樹脂の一種なので概ね10年程度の寿命を考えております、
通院回数は、一本につき3回程度
一回あたり1時間程度の治療です

詳細を見る

虫歯治療

  • Before
  • After
症状

一見見るとどこに虫歯があるのか解りにくいです。もちろん痛みもありません。しかし、フロスがわずかに引っかかります。この小さな虫歯を見逃さないのが顕微鏡治療の醍醐味です

治療方法

まず、1週間かけて歯の間をわずかに離開させます。そうしておくことで作業効率を上げます。そして、治療当日はラバーダムを装着して、1時間半の時間を十分使いながらゆっくりと歯を傷めないようにまた、確実に虫歯の部分を除去していきます。

費用

虫歯の除去とコンポジットレジンによる審美修復治療までを含めて15万円

備考

治療回数は全部で2回です。

詳細を見る

今日の虫歯

  • Before
  • After
症状

全く無症状です。が、鏡でよく見るとはの内部が僅かに黒く透けています。

治療方法

隣の歯を傷つけないように注意をしながら、慎重に削っていきます。やがて、エナメル質の中に細かいひび割れや溶けて白くなっている部分が見えてきます。そのひび割れに沿うかたちで虫歯菌が歯の内部に侵入し象牙質が虫歯に侵されています。

費用

虫歯除去5万円
その後の修復処置は10万円

備考

診療回数は3回。

詳細を見る

ページトップへ