再生治療のよくある質問|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

再生治療のよくある質問

再生治療のよくある質問

Q.どんなケアをすれば丈夫な骨や歯ぐきを維持できますか?

口腔内の清掃状態を高めて、歯周病が進行しにくくすることが最も重要です。 そのためには、3ヶ月から6ヵ月ごとの定期健診や、衛生士による歯石除去、口腔清掃が効果的です。 また、喫煙と歯周病の関係が高いことも言われており、喫煙者では骨の退縮が著しいケースが多いですので、禁煙も効果的と考えられます。

Q.再生後、症状が再発することは無いのでしょうか?

骨の再生・歯茎の再生と色々あるのですが、その部位の血行や清掃状態、喫煙・糖尿の有無などが原因で『持ち』が変わってきます。 再生治療というのは、時間の流れに逆らって失われたものを取り戻す治療です。 上手く維持するためには様々な努力が必要です。

Q.手術をするのでしょうか?

多くの再生治療では外科治療を伴います。 ただ、外科治療が必要ない場合もありますので、ケースバイケースといえます。

Q.痛くないですか?

再生治療でも外科治療の場合は手術を伴いますので、『全くの無痛』というわけにはいきませんが、痛みを抑えるために多大なる努力を行っております。 まず、手術を行う部位に麻酔の注射をする前に、写真にあるような『貼る麻酔薬』を用いて表面麻酔を行います。 手術中には、手術の恐怖心を取り去るために、笑気麻酔を行います。また、希望があれば、麻酔医による静脈内沈静法という麻酔を併用することで、眠っている間に手術が終了いたします。 術後の痛み・腫れを取り除くために、手術部位には特殊な腫れ止めの注射を行います(麻酔医同伴の際には点滴内に鎮痛剤・腫れ止めを入れております)。 これらの方法を用いることで、従来法に比べて術後の痛みや腫れを7割ほど軽減できていると考えます。

Q.どんな状態でも再生できるのですか?

再生治療は誰でもどんな状態でも可能というわけではありません。歯茎の状態・歯の周囲の骨の状態・喫煙者かどうか・口腔内の清掃状態など、様々な要素が関係して成功するか否かが決まります。 ですから、再生治療の前にはレントゲンやCT、口腔内写真を撮るなどして、事前に詳しい診査を行ってから再生治療に入ります。

ページトップへ