治療症例|三宮・神戸の歯医者ならマイクロスコープを用いた虫歯治療・お口のメンテナンスなら高田歯科

治療症例

今日の虫歯治療

  • Before
  • After
                               
症状

不良なレジン充填が在ります。
その中には虫歯がありそうなので治療して行くこととしました

治療方法

削る前にラバーダムを装着しておくのは当たり前です。
その状態でレジンを除去していき、う蝕を検知駅で染め出しながら完璧に除去します。

費用

う蝕除去5万円
その後のレジン充填治療10万円
その他 一回ごとに基本診療料金が3千円かかります

(全て税抜き)

備考

う蝕除去の結果神経すなわち歯髄にまで達している場合には歯髄温存治療(バイタルパルプセラピー)を行う場合もあります

詳細を見る

少年の折れた前歯(1年後)

  • Before
  • After
                               
症状

一年前のことです。
家の階段から落ちて前歯を折った少年。 

治療方法

幸い 神経は問題がなかったのでコンポジットレジンを用いて審美修復することとなりました。
写真は修復一年後です。若干着色とツヤの消失があります。 

費用

10万円

備考

長期的な経過観察が非常に重要です。
また、将来的に神経に問題が起きないか? 歯自体が折れていかないか? そのあたりをメインテナンスで診ています。

詳細を見る

かみ合わせのバランス

  • Before
  • After
                               
症状

一部の歯のみが強く当たっていて食いしばりや歯軋りが非常に多くなっている患者さんです。

治療方法

この患者さん、奥歯にはセラミックの治療がなされていますが、天然歯のすり減るスピードとセラミックのすり減るスピードが大きく異なることから、接触する歯と接触しない歯の本数のバランスが取れていません。
そこで、天然歯がする減るのと同じペースでセラミックをすり減らすようにします。
この時、安易に削るのは問題なので、慎重に、厚みがわずか8ミクロンの診査用紙を用いながら丁寧に調整します。

費用

一回あたり16000円

備考

時には、噛み合わせを高くするために”足す”噛み合わせ調整も必要になります

詳細を見る

歯の破折

  • Before
  • After
                               
症状

根の治療を行なっている患者さんです。実は、根の内部に縦方向にひび割れが存在したのですが、その危機感を患者さんに共有してもらうことが非常に難しく苦労していました。

治療方法

今回、超極細のペンライトを入手したので、それを用いて根の内部を照らしてみました。
そうしたところ、ひび割れが明瞭になりました。

費用

根の治療は13万円
ひび割れの観察に別途費用はかかりません。

備考

根の内部にひび割れがある以上、長期的な予後は保証できません。しかし、それでも温存を希望されるときにはこのように温存治療にトライすることがあります。

詳細を見る

型採りの重要性

  • Before
  • After
                               
症状

歯の型を採ってセラミック製のクラウンを作るのですが、重要なのはその過程の「歯を削る行為」と「精密に型を採る」行為です。

治療方法

丁寧に時間をかけて歯の形を整えましたら、このようにシリコン製の印象材という材料で型を採ります。たった一本の歯のクラウンを作る場合であっても全体の噛み合わせ状態を把握する必要があるので全体の型を採ります。また、型を採る際に用いるトレーはその型の歯列に合わせてオーダーメイドで作製したものを用いなければいけません。

費用

セラミッククラウンは17~20万円

備考

歯を削って仮の歯を作成:1時間
削った歯の形を整えなおして仮歯を微調整:1時間
簡易的な型採り:シリコン製の印象材を用いて1時間
最終形のクラウンと同じ形の仮歯を製作して装着:1時間
この状態でかみ合わせの状態を数週間から数ヶ月(長い場合には6ヶ月程度かかることもあり、仮歯を数回作り直したり、金属製の仮歯を装着する場合もあります)

クラウン製作に移行できるとわかったら、トレイを作るための簡易的な型採り:30分
精密な型採り:1時間

たった一本のセラミックのクラウンであっても3ヶ月から2年くらいかかることがあります。

詳細を見る

ページトップへ