治療症例

治療症例

外傷歯の治療 後編

  • Before
  • After
症状

根の中の治療を行なった後、再び来院が途絶えました。
そして、久しぶりに来院してくれた時の歯の色を見てびっくり!
真っ黒に変色していました。

治療方法

この変色は、MTAセメントによるものなので、歯の内部を漂白することで対応しました。

費用

2万円

備考

3回程度のホワイトニングで白くすることができます。
ただ、数年後に後戻りするリスクもあるので、定期的なメインテナンスは必要です

詳細を見る

外傷歯の治療 中編

  • Before
  • After
症状

来院が途絶えて8ヶ月後、 歯茎が腫れたのと、 歯の色が変色してきたとのことで来院されました。
この時に電気的歯髄診断をしてみたところ反応はなく、歯の内部の神経が死んでしまっていることが確認されました。そのため、歯の根の中の治療を行うことになってしまいました。

治療方法

歯の中の神経が死んでいるので、麻酔は用いずに、歯の根の中の治療を行うことになりました。

費用

14万円

備考

神経が死んでしまってから時間が経過してしまっているので感染が広範囲に広がっている恐れがあります。
その場合は、野中からの治療では治らない場合もあり、そういった場合には歯の根の先端を切除する歯根端切除手術が必要になる場合もあります.

詳細を見る

外傷歯の治療 前編

  • Before
  • After
症状

自宅で転倒して前歯を折ってしまった10歳の患者さんです。
幸い家族の対応が早かったためにすぐに歯科医院を訪れてもらうことができました。
治療前の検査によって歯の内部の神経はまだ生きていると判断されました。

治療方法

初日は応急処置として象牙質をレジンを用いて保護しました。
その後、ダイレクトボンディング治療を行い、審美修復を行いました。

費用

17万円

備考

下の前歯の外傷の場合には、後々神経が死んでしまうことがあります。
そのため、定期的な検診は欠かせません。

詳細を見る

小さな虫歯

  • Before
  • After
症状

自覚症状はありませんが歯の表面の溝(裂溝)に虫歯が見えています。
今後虫歯が悪化する前に虫歯治療をすることを勧めました

治療方法

顕微鏡下で最小限の切削による虫歯治療を行うこととなりました。初回に虫歯治療を行い、2回目にコンポジットレジンにて修復を行います。

費用

初回のう蝕治療(虫歯治療)が7万円
2回目の審美修復治療の費用が10万円

備考

麻酔を行い治療します。全2回で2時間の治療時間となります。

詳細を見る

補綴治療の形成(仕上げ作業)

  • Before
  • After
症状

補綴治療では審美的なセラミッククラウンを製作して歯に装着するのですが、その際に重要なのが歯の形を整える”形成”という作業です。

治療方法

特に、精密な歯形を採取する際には歯の形態を綺麗に整える”仕上げ”行為が必要です。
当院ではそれを『本形成』と称しており、少し長めの診療時間を確保して、拡大視野で慎重に歯を削って形態を綺麗に整えます。

費用

再診料3300円。
補綴治療は22万円〜

備考

詳細を見る

ページトップへ