治療症例

治療症例

コンポジットレジンを用いたダイレクトボンディング治療

  • Before
  • After
症状

上の奥歯に古い詰め物があり、その内部が虫歯であったために再治療になった患者さんです。
すでに虫歯の処置は1回目の治療にて終了しており、2回目の処置時に歯の形態をコンポジットレジンを用いて回復しました。

治療方法

ラバーダムシートを装着して、患歯に唾液が接触しない環境を構築してからコンポジットレジンを用いて審美的に修復します。

費用

コンポジットレジンによる修復処置は10万円+税(別途顕微鏡下虫歯処置費用が必要)

備考

コンポジットレジンは高強度プラスチックの一種であり、経年的な劣化があるため、治療後は年に1〜2回程度の噛み合わせ調整や部分的な破損に対してリペアを行うことがあります。
また、定期的なメインテナンスを衛生士の指導のもとで行うことで長期維持できます。

詳細を見る

噛み合わせの調整

  • Before
  • After
症状

ほとんど自覚症状も違和感もなく暮らしておられる患者さんです。
ただ、症状としては唯一肩こりや頭痛を少し自覚する程度。

治療方法

噛み合わせを特殊な計測機器や8ミクロンの計測紙などを駆使しながら調整していきます。

費用

2~2.5万円/回 
初めての方は検査なども行うので初診料が5万円かかります。

備考

噛み合わせが大きくずれている人の場合は一回の調整では劇的な改善が望めない場合があります。そのような場合には 1ヵ月後にもう一回調整、さらに期間をあけて3ヶ月後に調整、そして安定してくれば6ヶ月後に調整をします。
噛み合わせが安定してくれば通常6ヶ月から一年に一塊程度細かな噛み合わせの調整をするだけで、かなり顎が楽になるように思われます。

詳細を見る

外傷歯の治療 後編

  • Before
  • After
症状

根の中の治療を行なった後、再び来院が途絶えました。
そして、久しぶりに来院してくれた時の歯の色を見てびっくり!
真っ黒に変色していました。

治療方法

この変色は、MTAセメントによるものなので、歯の内部を漂白することで対応しました。

費用

2万円

備考

3回程度のホワイトニングで白くすることができます。
ただ、数年後に後戻りするリスクもあるので、定期的なメインテナンスは必要です

詳細を見る

外傷歯の治療 中編

  • Before
  • After
症状

来院が途絶えて8ヶ月後、 歯茎が腫れたのと、 歯の色が変色してきたとのことで来院されました。
この時に電気的歯髄診断をしてみたところ反応はなく、歯の内部の神経が死んでしまっていることが確認されました。そのため、歯の根の中の治療を行うことになってしまいました。

治療方法

歯の中の神経が死んでいるので、麻酔は用いずに、歯の根の中の治療を行うことになりました。

費用

14万円

備考

神経が死んでしまってから時間が経過してしまっているので感染が広範囲に広がっている恐れがあります。
その場合は、野中からの治療では治らない場合もあり、そういった場合には歯の根の先端を切除する歯根端切除手術が必要になる場合もあります.

詳細を見る

外傷歯の治療 前編

  • Before
  • After
症状

自宅で転倒して前歯を折ってしまった10歳の患者さんです。
幸い家族の対応が早かったためにすぐに歯科医院を訪れてもらうことができました。
治療前の検査によって歯の内部の神経はまだ生きていると判断されました。

治療方法

初日は応急処置として象牙質をレジンを用いて保護しました。
その後、ダイレクトボンディング治療を行い、審美修復を行いました。

費用

17万円

備考

下の前歯の外傷の場合には、後々神経が死んでしまうことがあります。
そのため、定期的な検診は欠かせません。

詳細を見る

ページトップへ