矯正治療のよくある質問|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

矯正治療のよくある質問

矯正治療のよくある質問

Q.歯並びを治したいのですが、金属の金具が気になります。

近年では、前歯に透明の矯正装置を使用するようになってきております。 ですから、昔の矯正に比べるとかなり目立ちにくくなっております。

Q.痛くないですか?

矯正は、歯に対して力をかけて動かすのですが、その際の力は非常に弱い力です。 多少、歯が浮いたような感覚はありますが、それほどの痛みはありません。

Q.歯槽膿漏でも矯正は出来ますか?

歯周病の人の場合、矯正治療に先立って、歯周病の治療を行う必要があります。 苦労して矯正をしたものの、その歯を抜かなければいけなくなったりすると意味がありません。 しかし、歯周病の治療を円滑に行うために、矯正を先に行う場合もあります。歯並びが悪いために、歯周病の治療をするための器具が到達できない時などには、矯正を先に行うこともあります。。

Q.抜歯をすると聞いたのですが、本当ですか?

抜歯をすることもありますし、抜歯をしない場合もあります。 硬いものをかまなくなった現代人は、顎が小さくなりつつあり、小さな顎に対して歯の本数が多すぎることから、生えるスペースを求めて歯がひしめき合い、結果として歯並びが悪くなっているケースが多いことから、抜歯を伴うことが多いのは事実です。 しかし、前述しましたように、顎の大きさと歯の本数との割合で考えますので、そのバランスが取れている人の場合は抜かずに矯正することもあります。

Q.前歯に隙間があるのですが、治りますか?

矯正をすれば、確かに間を詰めて隙間をうめることは可能ですが、それよりも、「なぜ」前歯に隙間が開いたのかを検証しなければ、再び隙間が開くことが考えられます。 ですから、単純に【隙間がある】→【矯正して詰める】と考えるのではなく、原因を考慮したうえでの治療を行う必要性があります。

Q.子供が歯並びが悪いのですが、矯正治療を受けるのは早い方が良いのでしょうか?

若い人のほうが早く歯が動きやすいので、治療期間も短くてすみますが、反面、成長過程の子供に矯正装置をつけることで食欲が減退し、成長に悪影響を及ぼす可能性もあるため、注意して行う必要性があります。

Q.年齢は関係ありますか?

当院での矯正治療は、その半数以上を成人の方が占めております。 若い人のほうが歯が動きやすいのは事実ですが、時間をかければ成人でも矯正は可能です。

Q.矯正中に虫歯の治療はできますか?

矯正期間中には、矯正装置が歯についた状態になり、虫歯の発見も虫歯の治療もどちらもとても難しくなります。 ですから、矯正治療が開始される前に、今ある虫歯はすべて治療したほうが良いですし、矯正期間中に新たな虫歯ができないように、ブラッシング指導を行います。

Q.差し歯の治療がたくさんあるのですが、矯正は可能ですか?

歯は、表面から見える頭の部分(歯冠といいます)と、外から見ることのできない歯ぐきの下の部分(歯根といいます)とに分かれており、一般的に「差し歯」といわれているものは、歯冠が虫歯で崩壊するなどして歯根だけが残ったような場合に、その根だけを利用して上のかぶせを作ってある状態を言います。 ですから、差し歯でも歯の根っこはそのまま存在しておりますので、矯正は可能です。 ただ、矯正を行うと、「かぶせ」と歯との継ぎ目が露出することがありますので、矯正治療後に再び「かぶせ」をやり直したほうが良いでしょう。

Q.どのくらいの期間かかりますか?

人によって程度がさまざまなので、一概に何年とは書きにくいです。 一年程度で終わる人もいれば、三年程度かかる人もいます。 最近では、矯正治療にインプラントを併用することで、治療期間の短縮を図っております。

ページトップへ