今日のう蝕治療|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

治療症例

今日のう蝕治療

  • Before
  • After

治療情報

症状

他院にて装着されたセラミックの詰め物の横に小さな穴が空いていました。痛みはないのですが、食べ物が挟まりやすい状態でした

治療方法

詰め物を外して虫歯医療を行うことになりました。外してみると内部は深い虫歯がありました。虫歯を染め出すう蝕検知液を用いながら慎重にう蝕除去しました。

費用

う蝕除去費用 5万円
後日セラミッククラウンにて補綴処置に移行します。 補綴費用 17万円

備考

この処置一回に60分かかります。

患者さん情報

年代

30代

性別

女性

治療方法

  1. う蝕検知液を用いてう蝕を染めだします

  2. う蝕検知液にて軟化象牙質が染まっています。 う蝕になると象牙質が柔らかくなり、そこに検知液が染み込みます。この部分を完全に除去します

  3. 検知液に染まっている部分をタングステンカーバイドバーを用いて慎重に除去します。

  4. 何度も染めだしを繰り返しながら染まらなくなるまで除去して行きます。

  5. 染まらなくなるまで感染歯質を除去したところこんなに歯を削ることになってしまいました。 ここまで削りますと流石に詰め物での治療は無理があります。場合によっては歯が折れやすくなってしまいます。 そこで、後日かぶせる治療に移行します。
    重要なのは、たとえ神経が露出しようと、たとえ歯質が少なくなってしまおうと ”う蝕は完全に除去する!” ことです。

ページトップへ