感染根管治療|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

治療症例

感染根管治療

  • Before
  • After

治療情報

症状

根の治療を他院でおこなったものの、すっきりせず転院。
術前のX線写真では歯の側面に黒い影が見られます。

治療方法

細菌検査を併用しながら根の治療を行いました。
抗生剤で根の内部の殺菌処置を行った後、根管充填を行い、最終的にはメタルボンドクラウンを用いて補綴処置を行いました。治療開始から8年。現在のところ、安定して経過を観察している状態です。

費用

根の治療費用とメタルボンドクラウンの費用を合わせて約30万円

備考

根の治療に3ヶ月ほど要しました。
根の治療自体は成功率は90%ほどですが、約10%ほどの確率で外科処置に移行する可能性はあります。

患者さん情報

年代

40代

性別

女性

治療方法

  1. 水酸化カルシウム製剤を根の中に入れたところ、X線で確認できていた黒い影の中に薬が入っていることが確認できました。

  2. 根の治療開始から3ヶ月、影が小さくなってきたので根管充填に移行しました

  3. 根の治療の初期の段階では根の内部から細菌が検出されました。

  4. 根の治療を開始して3ヶ月。根の内部の細菌が検出されなくなったところで根管充填に移行しました。

  5. クラウンを装着して5年。
    根の影が薄くなってきています。

ページトップへ