不可能な骨再生を可能にしてインプラント治療|三宮・神戸でマイクロスコープを用いた虫歯治療・お口のメンテナンスなら高田歯科

治療症例

不可能な骨再生を可能にしてインプラント治療

  • Before
  • After
症状

上の奥歯にブリッジが入っている患者さん。しかし、奥歯がボロボロになってきたのでこのブリッジを外さなければいけなくなりました。
歯のない部分にインプラントを行いたいと考えましたが、骨がほとんぞ存在しないためインプラント治療が非常に難しい状態でした

治療方法

当院では開業当時よりBMP-2という骨造成タンパクを利用した骨の再生治療を行ってきていましたので、その方法を用いて骨のないところに骨を作ってインプラント治療を行うこととしました。従来からあるような骨の再生治療ではここまで骨がないケースにおいて”硬い、頑丈な生きた骨”を再生させることは非常に難しく、特殊なサイトカイン治療だからこそ可能になったケースとも言えます

詳細を見る

インプラントが不可能な部位にインプラント

  • Before
  • After
症状

全顎的に多くの虫歯が存在し、また 奥歯には欠損部位も存在している患者さんです。
奥歯の欠損部位にインプラント治療をしたくても骨がほとんどないために諦めていたのですが、なんとかできないだろうかと転院してこられました。

治療方法

アメリカから取り寄せた、骨を造成する薬品 BMP-2 を用いて骨の再生治療を行い、インプラントをすることとなりました

詳細を見る

噛み合わせの治療(足す調整)

  • Before
  • After
症状

「奥歯がグラグラして、痛い」とのことでチェックさせていただくと、なんと、一番奥の歯しか接触していない状態でした。矯正治療後何年かの時間が経過した時に前方の歯が接触しなくなり、奥歯だけがガツンガツンと当たるようになる方が多くいらっしゃいます。過去の治療では奥歯の高さを低くして少しでも前方の歯が接触するように創意工夫してきているのですが、それも限界。もう 奥歯がほとんどなくなってしまっている状態でこれ以上削ることもできなくなっています

治療方法

これ以上奥歯を削るわけにいかないため、行う方法としては
●再度矯正治療して、前方の歯が接触するようにする。
●手前の歯の高さを足す。

といった方法が考えられます。
そこで今回はコンポジットレジンを用いて犬歯から第一大臼歯までの8本の高さを足すようにして噛み合わせの調整を行いました。

矯正治療は時にこのような問題を起こすことがありますので、矯正治療後は噛み合わせの安定をチェックし続ける必要があると思います

詳細を見る

メタルコア

  • Before
  • After
症状

歯質がほとんど残っていないような重度の虫歯の患者さんの場合、最終的に歯冠補綴物すなわちクラウンをかぶせるためには、なんらかの手段を用いて失われている歯質のボリューム回復が必要になります。
その際に、近年ではグラスファイバーを用いたファイバーコアと言われるプラスチックの土台が用いられるのですが、本当に歯質がないような場合では今度は強度が不足して外れやすくなってしまいます。
そこで、そういうケースでは金属製の土台であるメタルコアが適応になるのですが、一般的には「メタルコアを使うと歯が折れやすくなる」と批判されます。 それは、ちゃんとした適合精度の高いメタルコアを作ったことがないからそんな話になるのだと思います。
歯の根の長さの1/2以上の長さで、腐食しにくい金属を用いて精密に作られたメタルコアを装着した患者さんで、その後歯が折れたケースにはこの14年の間で出会ったことがありません。 

治療方法

歯がほとんど残っていない患者さんなので、今回は3分割のメタルコアを作成しました。非常に複雑な形状でパズルのようなこのコアを組み合わせながら装着していきます。

詳細を見る

ドックスベストセメントの中は・・・

  • Before
  • After
症状

他院にてDoc’sBestCement(ドックスベストセメント)の治療を受けたのち違和感が続くとのことでいらっしゃいました。
ドックベストセメントの治療においては齲蝕に罹患している軟化象牙質を残したままその上にカッパーシールセメントの発展系であるセメントを充填するようなのですが、転院してこられた人でうまくいっている人を見たことがないので良い治療なのかどうか判りかねるところです。

治療方法

当院の治療方針では軟化象牙質は基本的にすべて除去します。
日本保存歯科学会のガイドラインに則り齲蝕検知液(ポリプロピレングリコール溶液系)を用いながら検知液で染まるエリアはすべて除去します。
その過程で神経すなわち歯髄が露出することもあるのですが、その際にはその部位をMTAセメントというセメントで保護します。
MTAセメントは日本では2007年以降から導入されているセメントの一種ですが、このセメントを用いて神経を保護する治療法は非常に成功率が高く、また、世界中で同様の報告がとてもたくさんある非常に信頼性の高い治療法です。

詳細を見る

ページトップへ