歯髄温存治療の症例|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。|page3

治療症例

DocsBestCement

  • Before
  • After
症状

ほんの3ヶ月ほど前にドックスベストセメントにて虫歯治療を受けてこられた患者さんです。直後から違和感が続き症状改善が認められないために来院されました。

治療方法

ひどい治療がなされていました。マトモな歯医者なら絶対に行わないようなクオリティの低い治療が行われていました。Docs Best Cementが悪いのか良いのかは判断できませんが、ドックスベストセメントや3-Mix治療を行なってこられた患者さんのほとんどすべてがこのように虫歯を大量に残した状態で、その上に チョコンと薬剤が置いてあるだけです。こんな治療で虫歯が治ると思って高額の治療費を支払った患者さんがかわいそうです。きちんと虫歯を除去していったところ神経が露出しました。
しかしながら、露出してきた神経、血管の組織は形態を保っており、感染が歯髄にまで及んでいないことが確認できたのでMTAセメントを用いて神経の保護を行い、コンポジットレジンを用いて仮の詰め物を行いました。後日クラウンにする予定です

費用
備考

詳細を見る

とてつもなく大きな虫歯に対する治療

  • Before
  • After
症状

とてつもなく大きな虫歯があるのに痛みを生じない患者さん。
神経を温存するのは非常に難しい状態でした

治療方法

ご本人の希望もあり、予後不良を了承いただいた上で歯髄温存治療を行いました。
その後、数ヶ月に渡って経過観察を行い、状態が安定していたことより最終的にはセラミックを用いて審美回復しました

費用
備考

詳細を見る

ページトップへ