治療症例

銀歯の下には小さなヒビ

  • Before
  • After
症状

小さな銀歯の詰め物です。
安定しており、通常なら触らずに経過観察することも多いのですが、隣の歯を治療している都合上、今回触ることになりました。
痛みなどの症状は全くない状態なのですが、開けてみると。。。。

治療方法

詰め物を外して内部に虫歯がある場合にはそれを”完全除去”し、耐久性の高いコンポジットレジンを用いて充填していくこととなりました

費用

齲蝕の除去費用と精密充填の費用で合計17.5万円

備考

通常は2〜3回に分けますが、今回は一回で行いました。今後は噛み合わせを細かく調整しながら長期間使っていくこととなります。

詳細を見る

噛み合わせの調整

  • Before
  • After
症状

ほとんど自覚症状も違和感もなく暮らしておられる患者さんです。
ただ、症状としては唯一肩こりや頭痛を少し自覚する程度。

治療方法

噛み合わせを特殊な計測機器や8ミクロンの計測紙などを駆使しながら調整していきます。

費用

2~2.5万円/回 
初めての方は検査なども行うので初診料が5万円かかります。

備考

噛み合わせが大きくずれている人の場合は一回の調整では劇的な改善が望めない場合があります。そのような場合には 1ヵ月後にもう一回調整、さらに期間をあけて3ヶ月後に調整、そして安定してくれば6ヶ月後に調整をします。
噛み合わせが安定してくれば通常6ヶ月から一年に一塊程度細かな噛み合わせの調整をするだけで、かなり顎が楽になるように思われます。

詳細を見る

ページトップへ