乳歯の歯髄温存|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

治療症例

乳歯の歯髄温存

  • Before
  • After

治療情報

症状

7歳の子供です。検診を兼ねて来られた時に虫歯を発見したので虫歯治療を開始しました。 乳歯の場合には神経までの距離が近いので少し削っただけで神経にまで達してしまいます。

治療方法

神経に達してしまったとしても、MTAセメントを用いることで歯髄の温存が可能です。重要なのは虫歯の部位を完全にとってしまうことで、ドックスベストセメントや3Mixなどではこのような治療法は行えません。
重要なのはラバーダムを用いて唾液が混入しないようにできるかどうかです

費用

歯髄温存治療 5万円

備考

患者さん情報

年代

7歳

性別

男児

治療方法

ページトップへ