根の治療(感染根管治療)|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

治療症例

根の治療(感染根管治療)

  • Before
  • After

治療情報

症状

奥歯の根の先端付近を押すと痛みがあるとのことで診させていただきました。根の病は大半が痛みを伴わずに静かに進行します。これもその一つです

治療方法

クラウンを外して根の治療を行いました。
まずは、水酸化カルシウム製剤を用いて根の中の菌を減らしてゆき、根の内部の細菌検査を併用して、菌が減ったことを確認してから今度は抗生剤を用いて根の内部の洗浄を行います。
最終的には、殺菌力の強いMTAセメントを根の内部に詰めて根の治療を終了します。
その後、セラミックのクラウンを装着しました

費用

根の治療とセラミッククラウンの治療を合わせて約30万円

備考

根の治療期間としては二ヶ月ほどかかりましたが、実際、根の先端部分の影が消えていくのを確認するためには6〜12ヶ月程度の時間をかけて経過観察していく必要があります。

患者さん情報

年代

40代

性別

女性

治療方法

  1. 根の治療開始直後。まだ影があります

  2. 根の治療を終了して、内部にMTAセメントを詰めてあります。
    ここからクラウンの治療に入ります。

  3. 根の治療終了から六ヶ月。
    かなり影の色が薄くなってきています。
    歯の根の周囲の骨が再生していることが期待できます

  4. 根の治療から7ヶ月
    かなり治ってきていることがわかります。

ページトップへ