奥歯の縁上歯石を除去|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

メインテナンス症例

奥歯の縁上歯石を除去

  • Before
  • After

メインテナンス方法

  1. 歯肉の炎症は、歯の周りに沈着するプラークや歯石が原因です。プラークや歯石が長期間沈着することで歯肉からの出血が伴い、時間がたつと歯を支えている骨を溶かし歯の揺れを感じるようになります。これが歯周病です。このケースは、上顎の奥歯、歯と歯の隙間に汚れが沈着していました。患者さん自身は見ることができない場所ですが、術前術後に写真を撮影しご説明します。
    “歯石を取る”というと痛いイメージが先行しますが、当院では無麻酔で痛みなく歯石の除去を行います。ルーペやマイクロスコープを使用した拡大視野での施術により、痛みなく歯肉を傷つけない低侵襲での施術が可能です。
    部位に合わせた数本のハンドキュレットで歯石・プラークを除去後、超音波スケーラーを使用しイリゲーションを行い歯周ポケット内の細かな沈着物も洗い流します
    当院では、虫歯治療前に、歯肉の健康を取り戻すため歯周治療にも力を入れておこなっております。

ページトップへ