マイクロスコープ下で行う縁下歯石除去|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

メインテナンス症例

マイクロスコープ下で行う縁下歯石除去

  • Before
  • After

メインテナンス方法

  1. 患者さん自身が歯周病という認識をもたれて来院されました。
    歯肉の中に沈着する縁下歯石は、非常に強固なものが多く、歯石を除去するには技術が必要となります。
    マイクロスコープを使用することで、歯周ポケット内の縁下歯石を最大約20倍に拡大し観察することが可能です。

  2. ハンドスケーラーを使用し歯肉を傷つけないように、強固な縁下歯石を除去します。
    歯石除去後は、超音波スケーラーでイリゲーションを行い歯周ポケット内の残留物を洗い流します。

    歯石を取りますねと言われると、ガリガリと器具を当てられるイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、マイクロスコープを使用することで、歯周ポケット内の縁下歯石を捉え、歯肉を傷つけることなく歯石を除去することが可能です。

ページトップへ