プラークコントロール|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

メインテナンス症例

プラークコントロール

  • Before
  • After

メインテナンス方法

  1. 当院では、セルフケアのレベルを上げ、プラークコントロールを徹底してから虫歯治療がスタートされます。プラークコントロールが悪いと、どれだけ虫歯治療を行ってもまた再発する可能性が高いという理由からです。虫歯になってしまった根本的な原因を取り除くためにも、セルフケアのレベルを上げた後に虫歯治療へ進みます。
    まずは、初診時にお口の中の写真を数枚撮影し、現状をご説明いたします。その後、電動歯ブラシによるセルフケアのご提案をします。たった一度のご説明で、このようにプラークが残りやすい部位も綺麗に磨けるようになる方が多くいらっしゃいます
    一時的に口腔内が改善するのではなく、長期的に口腔内の環境が安定し、ストレスなく食生活が楽しめるように、セルフケアのレベルをあげることにも重点を置いています。

ページトップへ