保存治療|三宮・神戸でマイクロスコープを用いた虫歯治療・お口のメンテナンスなら高田歯科

保存治療

保存治療について

当院では患者さんの天然歯を残し続けることを目的とした治療を提供しています。それがこの保存治療です。
虫歯になってしまった歯を審美的に回復させることはもちろん、他院で入れた銀歯や色の合っていない詰め物が気になる場合も、自然な色に修復させて頂きます。

治療法の種類

審美補綴
銀歯や変色した歯を元通りの白い歯に戻します
ダイレクトボンディング
欠けた歯や歯のすき間を元通りにします
歯髄温存
神経を残したまま虫歯を治療します
根管治療
再発を予防するための高品質な神経の治療を行います
根切治療
神経の先にある炎症を神経ごと取り除きます

各治療法紹介

歯髄温存

歯の寿命を延ばすためには、歯髄(神経)を残したまま虫歯を除去する歯髄温存治療が必要です。
当院ではMTAという神経保護効果のある薬剤を使用することで、高い確率で神経を残すことができます。
また治療過程においても歯髄に刺激を与えないようにマイクロスコープやラバーダムを使用し、虫歯を取り除いていきます。

当院では将来にわたって歯の健康をお守りする為、出来る限り歯と神経を残す努力をします。

上記の症状のような深い虫歯の場合、保険治療では神経を取り根の治療を行いますが、当院では積極的に神経を保存します。
動画の通り顕微鏡下で慎重にMTAという神経保護効果のある薬剤を充填し、その後コンポレットレジンという審美治療材料を使うことで、神経を取らずに審美的にも優れた状態で治療を完了しました。

審美補綴

虫歯治療などで削った歯に対し、銀歯ではなく自然で美しいセラミック素材を使用するのが審美補綴治療です。おしゃべりするとき、笑うときに人目につきやすい銀歯を、まるで天然歯のような見た目の人工歯に変更することが出来ます。
また、ただ単に見た目の美しさを整えるだけではなく、虫歯や歯周病の治療、噛み合わせの調整等を行い、健康かつ審美的なお口を実現致します。

症例を見る

ダイレクトボンディング

歯が欠けた部分やすきっ歯、歯の隙間に特殊な樹脂を直接盛り付けていき、本来ある歯の美しさを再現する治療法です。
また必要最小限の範囲のみを削って治療ができることも大きな特徴です。長く自分の歯で生活するためには、無駄に歯を削ることは避けなければいけません。

根管治療

虫歯が歯の神経まで達している場合は、虫歯菌に感染した神経を取り除く根管治療が必要になります。
当院では最新の薬剤・器具を使用して、高品質な根管治療を行っております。
徹底的な無菌を目指しておりますので、治療後の再発を出来る限り防ぐことが出来ます。

根切治療

歯の寿命を延ばすためには、歯髄(神経)を残したまま虫歯を除去する歯髄温存治療が必要です。
当院ではMTAという神経保護効果のある薬剤を使用することで、高い確率で神経を残すことができます。
また治療過程においても歯髄に刺激を与えないようにマイクロスコープやラバーダムを使用し、虫歯を取り除いていきます。

症例を見る

ページトップへ