メインテナンス症例

メインテナンス症例

歯周治療ってなにをするの?

  • Before
  • After
                                                             
処置について

“歯石をとっていきますね”
という表現は歯科医院では耳馴染みのあるワードかと思います。
ですが、患者さん側としては、どんな処置をされているのだろう・・・
と、疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

当院での歯周初期治療は、
マイクロスコープを用いて行うため
どのような歯石だったのか
除去後の様子も
映像を通して処置後にご説明いたします。

マイクロスコープを用いた歯周初期治療を受けられた方は
こんなの初めて
全然、痛くなかった
と、お声をいただきます。
最大20倍まで拡大して処置を行うため、歯肉を傷つけずに歯石のみを
選択的に除去することが可能です。

今まで怖くて歯科医院で歯周治療を行えなかった方は
是非、高田歯科の歯周初期治療をご検討ください。

費用

処置60分 ¥20,000-
(歯石除去が複数回かかる場合は、2回目以降、保険診療で行うことがあります)

備考

1回〜
歯石の量や炎症状態によって異なります。

詳細を見る

パウダークリーニング

  • Before
  • After
                                                             
処置について

コーヒー・紅茶・赤ワインなど食べ物の色素成分の着色が気になるとお話しされる方は非常に多くいらっしゃいます。
これらは、ステインと呼ばれています。
従来は、ブラシやペーストを用いてステインを除去していましたが、健全な歯質や補綴装置まで傷つけてしまうため懸念されていました。
高田歯科では、昨年末よりパウダークリーニングを採用しました。
過去にも、類似のケア用品はありましたが、パウダーの粒子が大きいためステイン再沈着や補綴装置を傷つけてしまうため使用を控えておりました。

近年、人工甘味料であるエリスリトールを主成分としたパウダーが認可されました。粒子が小さく、天然歯よりも柔らかいため、歯や補綴装置を守りながらステインのみを除去できるようになりました。

歯のくすみ、ステイン、着色、ホワイトニング前にもおすすめです。

費用

自費メインテナンス ¥20,000-/60分

備考

通院回数1回

詳細を見る

フロスで何が変わる?

  • Before
  • After
                             
処置について

当院では、治療を受けられるすべての方へセルフケアのレベルアップをお伝えしております。
何故なら、治療中の歯肉の腫れ・出血により治療のクォリティを落としたくないと考えているからです。

その中でも、今回はフロスのご紹介です。
マイクロスコープを通して強拡大にすることで、フロスの糸1本1本にプラークが絡まり、汚れが落ちていく様子がわかります。
この画像をご覧いただくことで、フロスの重要性にやっと気づけたという方も多くいらっしゃいます。

今後、虫歯や歯周病を繰り返さない口腔内の環境づくりをご提案します。

詳細を見る

ココが違う!高田歯科メインテナンス!

  • Before
  • After
                                             
処置について

メインテナンスに通院していたのに、
突然詰め物が外れる。
歯が痛くなる。
虫歯が深くなっている。
そんなご経験ありませんか?
高田歯科では、拡大視野でのメインテナンスを行うことで
小さなリスクも見逃しません!

備考

数年前にセットされたメタルの詰め物。
歯ぎしりや食いしばりが繰り返された補綴物には小さな傷が多数見られます。
また、補綴物の縁は浮き上がり、虫歯が進行しつつあります。

当院では、メインテナンスで来院いただいた方にはこのようなマイクロスコープの画像をご覧いただきます。
それにより、トラブルが起こる前に対処することや、リスクを事前に把握することが可能です。
メインテナンス中のどのような変化であっても、必ず画像でお伝えします。

詳細を見る

マイクロスコープ下で行う縁下歯石除去

  • Before
  • After

詳細を見る

ページトップへ