再生治療|三宮・神戸でマイクロスコープを用いた虫歯治療・お口のメンテナンスなら高田歯科

再生治療

再生治療について

当院では歯やアゴの骨など一度失ってしまったものを再び取り戻す治療を提供しています。それがこの再生治療です。たとえ歯周病によりアゴの骨が溶け、歯が抜け落ちてしまった場合でも決して諦めず、当院にご相談下さい。

治療法の種類

インプラント
失った歯を取り戻します。
歯周外科
重度の歯周病を手術により治療します。

各治療法紹介

インプラント

インプラント(人工歯根療法)とは、歯が抜けたところに人工の歯の根っこを埋入し、その上から人工の歯をかぶせる治療法です。
インプラントは手術によって埋め込まれ、その後顎の骨としっかりと結合・固定されます。
インプラントを埋入することで、健康な自分の歯のように噛むことができます。

他院でインプラントが出来ないと言われて諦めていませんか?
当院ではそういった症状を持つ患者様を対象としたインプラント治療を得意としております。

こちらの症例では左側上顎6番部位はブリッジで、そこにインプランを希望されていました。しかしレントゲンで確認をしたところ、インプラントを埋入予定の部位には、骨がほとんど存在しない状態であることがわかります。
このままインプラントを埋入した場合、上顎洞内部にインプラントが貫通してしまいます。

当院ではまずインプラント治療ができる状態に持っていけるよう、BMP-2という特殊な薬剤を用いることで、骨の再生を行いました。その結果、上顎洞の内部に13ミリ近く骨を作ることができました。
もちろん骨を採取して病理組織検査を行い、健全な骨が新生できていることも確認しています。

その結果、長さ10ミリのインプラントを埋入ことができ、他院では不可能とされたインプラント治療が完了致しました。

他の症例も見る

骨を再生『GBR法』

骨の厚み・高さが不足している方の場合に、骨の再生を促す特殊な膜(メンブレン)を使用して骨量を増やす方法です。骨の量の不足によりインプラントが完全に骨の中におさまりきらず、インプラントの一部が骨の外側に露出してしまうことが予想されるケースに対し、露出が予想される部分にメンブレンと呼ばれる人工膜を覆い被せることにより骨の再生を促します。

歯周外科

歯茎の中に入り込んだ歯石や汚れが大量に付着している場合や、歯周ポケットが非常に深い場合は、歯周外科治療(手術)を行います。
歯ぐきの奥に隠れたプラークを徹底的に取り除くための手術から、不要な歯茎を切除する手術まで症状に合わせて様々な種類・方法があります。

症例を見る

歯ぐきを再生『CTG法』

歯周病の進行によって後退してしまった歯肉や歯槽骨を再生させる手術です。歯肉を切開して歯垢や歯石を除去し、特殊な保護膜によって歯根膜や歯槽骨を保護しながら再生を促します。
また、人工骨や自家骨(その周囲の自分の骨を集めたもの)を痩せてしまった骨の部分に足すこともあります。

ページトップへ