メインテナンス|三宮・神戸でマイクロスコープを用いた虫歯治療・お口のメンテナンスなら高田歯科

メインテナンス

歯科における予防の重要性

日本人は、歯が痛くなってから歯科医に行く人が殆どです。しかし、アメリカやスウェーデンなどの先進諸国では、歯科受診の中心が、メインテナンス(検診)です。アメリカやスウェーデンでは、歯が痛くなくても歯科医に行くのです。

実際に2012年の厚生省国民健康白書統計にある、80歳の残存歯数では、日本が「9.8本」に対し、スウェーデンでは「20本」とういう数値が出ています。
日本には、「年をとったら、歯を失うのが当たり前」と思っている人が多いですが、メインテナンス次第で、20本の歯を残すことは可能なのです。

歯のメインテナンスは全身の健康維持に繋がる

口の中の健康維持を、口の中だけの問題と捉えている人も多いです。しかし、口の中の健康は、全身の健康、QOL(生活の質)向上につながります。

当院では、患者さんの健康や生活の質向上に向け、歯周病や虫歯治療だけでなく、予防にも積極的に取り組んでいます。今歯にトラブルを抱えていなくても、将来にわたって自分の歯を残し続けたい方はぜひ一度ご相談ください。

2つの予防治療

トータルケアプログラム

  • 自分だけではきちんとした口腔内の管理が出来ているか不安。
  • もう二度とお口のトラブルで悩みたくない。プロと一緒に再発予防に取り組みたい。
  • 歯医者で予防の治療を行うだけでは心配。自分の歯の現状をしっかり把握しておきたい。

当院ではプロの手により長期的に患者さんの口腔内の健康を経つ為の予防治療を提供しています。それがこのトータルケアプログラムです。
患者さんと歯科医師が話し合い、年間を通したケアプログラムの計画を立てます。そのなかでは、定期的にマイクロスコープを用いたケアを行いますので、お口の現状とケア後の状態を目で見て把握して頂くことが可能です。

詳細を見る

デンタルドック

  • 長い間歯医者に行っていないけれど、自分の現在のお口の状態が知りたい。
  • 自分のお口の状態に応じた、最も効果的な予防法を知りたい。
  • 虫歯未満や歯周病未満の状態でもなるべく早く改善をしたい。

当院では精密な検査によりお口のトラブルの早期発見・早期治療に取り組んでおります。それがこのデンタルドックです。歯科用CTなどの最新機器を用いて虫歯や歯周病の検査をはじめ、口腔内の組織から全身の検査までも同時に行います。この結果に基づいて最適最善な治療方針や予防法を見つけ出すことができます。

詳細を見る

メインテナンス症例

当院で行ったメインテナンスの症例をご紹介致します。メインテナンス前の状態と、当院でケアを行った後の状態をビフォーアフターで見ていただけますので、参考になるかと思います。また、ケアの途中のお写真も撮影しておりますので、当院のケアの過程も確認をして頂けます。

症例を見る

ページトップへ