保存治療の症例|page7

治療症例

小さな虫歯

  • Before
  • After
症状

非常に地位様虫歯で患者さんも危機感を持っていないほどでした。しかし、実際には想像よりも大きな虫歯がそこには存在しました。

治療方法

虫歯はう蝕検知液という薬品で染色しながら確実に削り取る必要があります。その結果神経にまで達しているような場合には神経を保護する治療が必要になります。
歯科の検診やメインテナンスを受けることの最大のメリットはこのような非常に小さな虫歯を早期発見し早期治療することが可能になるということです。

費用

う蝕除去にかかる費用としてはおおよそ5万円程度。
その後の修復治療にかかる費用は小さいもので10万円程度。大きいもので17万円程度が必要になります。

備考

詳細を見る

恐ろしき虫歯

  • Before
  • After
症状

奥歯の詰め物の中に虫歯があります。ただ、痛みは全くないので気づいてないのです。

治療方法

詰め物を除去して内部の虫歯を除去しました。
やがて神経まで達していたため神経を保護する治療へと移行しました

費用
備考

詳細を見る

不可能を可能に

  • Before
  • After
症状

歯が縦に割れている患者さんです。通常、このようなケースでは100%の確率で抜歯になるのですが、この患者さんの場合には成功確率が低いことを了承していただいた上で接着修復による保存治療を行うこととしました

治療方法

根の内部の治療を行うと同時にひび割れの内部を抗生剤なども併用しながら洗浄し、そこに特殊な接着剤を用いて接着しました

費用
備考

詳細を見る

下手なダイレクトボンディングの尻拭い

  • Before
  • After
症状

他院ですきっ歯改善の治療を受けて来られた患者さんです。 これはひどい。
隙間は埋まっていないし、それよりも、レジンの形態が悪く、バリが出ているために食片が停滞しやすくなり、歯肉が炎症を起こして腫れてしまっています

治療方法

本来なら隙間をもう一度埋め直さなければいけないのですが、患者さんの都合もあり今回は歯肉の炎症を改善するためにレジンのバリを取り除くだけにとどめることにしました

費用
備考

詳細を見る

ダイレクトボンディングのやり直し

  • Before
  • After
症状

数ヶ月前に行ったダイレクトボンディングの色があっていないことでやり直しを行うこととなりました。この治療ではアステリアという自費治療用のコンポジットレジンを用いて治療されていましたが、アステリアではこの患者さんの複雑な色を再現できなかったようです。

治療方法

デジタルの測色器を用いて色を測定して、その色を再現できるコンポジットレジンにて治療することとなりました

費用
備考

詳細を見る

ページトップへ