根の治療|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

治療症例

根の治療

  • Before
  • After

治療情報

症状

「噛むと痛い」 「根の奥が時々うずく」とのことで 来院。すでにセラミックの補綴物が装着されていましたが、それを除去して治療を開始することになりました。
他院では100パーセント抜歯になると言われているこの歯を保存するために全力を賭して挑むことになりました。

治療方法

クラウンを除去し、根の内部に差し込んである差し歯(メタルコア)を外したところ、内部から膿が出てきました。
根の内部に横向きに穴が開けられてしまっており、そこから根の股の部位に感染が広がっていました。
この状態を外から見ると 根分岐部病変という状態になっていました。
そこで、その股の部分をMTAセメントを用いて修復し、根の内部は抗生剤を用いながら殺菌処理を行ったのちにやはりMTAセメントを用いて根管充填しました。このような歯の場合、長期的な経過を見る必要があるため、治療後一年以上は仮歯で経過観察します

費用

根の治療:13万円
補綴治療:19万円

備考

他院でも抜歯を提案されているようなはの場合、当院で診たからといって助かるわけではありませんが、全力で挑みます。

患者さん情報

年代

30代

性別

女性

治療方法

  1. クラウンを除去して内部の治療を開始した直後。二股に分かれている付け根の部分に薬を入れました。股の部分に病変があるため黒く写っており、薬は白く写っています。

  2. 一年後、徐々に黒い影が薄くなってきています

  3. そしてこれが治療開始から1年2ヶ月後。根の先端部分および、根の股の部分の影がかなり薄くなってきています。
    これを確認して、補綴治療に移行することを決定しました。
    現在は、クラウンの完成を待っているところです。
    このような治療は、ドックスベストセメントや3Mixでは不可能です。

ページトップへ