正しいフロスの使い方|神戸三宮の歯医者|高田歯科は、虫歯治療を得意としています。

メインテナンス症例

正しいフロスの使い方

  • Before
  • After
           

メインテナンス情報

処置について

フロスは毎日使っているにも関わらず、

なんかスッキリしない・・・
新しく虫歯が見つかった

そのような方はおられませんか?

フロスの使い方を誤っておられる方が非常に多い印象です。
フロスは、歯と歯の隙間のケア用品で
しっかりと歯の表面に押し付けることでプラークが除去できます。

しかし、このしっかり押し付ける
ということが苦手な方や、意識できていない方が多く
結果、フロスをしてもプラークを多く残してしまっていることに繋がります。

フロスを使用する際、
タオルで背中を洗うようなイメージでしっかりテンションを貼ることで
歯面のプラーク除去が行えます。

また、フロスの種類によってもプラーク除去率が変わります
一度、ご相談ください。

費用

自費メインテナンス ¥20,000-/回(60分)

メインテナンス方法

  1. フロスがひっかかるケース1
    銀の詰め物と歯に隙間がある場合
    フロスがひっかかりやすくなります
    このような場合、中で虫歯が進行していることもあり
    詳しく診査する必要があります

  2. フロスがひっかかるケース2
    奥歯の歯と歯の隙間は非常に見えにくい場所ですが
    当院ではメインテナンス時にマイクロスコープを使用し
    細部まで観察しています
    こちらのケースは虫歯が進行していました。

    当院では、フロスがひっかかる原因を追求し
    改善のご提案をいたします。

ページトップへ