インプラントが不可能な部位にインプラント|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

治療症例

インプラントが不可能な部位にインプラント

  • Before
  • After

治療情報

症状

全顎的に多くの虫歯が存在し、また 奥歯には欠損部位も存在している患者さんです。
奥歯の欠損部位にインプラント治療をしたくても骨がほとんどないために諦めていたのですが、なんとかできないだろうかと転院してこられました。

治療方法

アメリカから取り寄せた、骨を造成する薬品 BMP-2 を用いて骨の再生治療を行い、インプラントをすることとなりました

費用
備考

患者さん情報

年代

40

性別

女性

治療方法

  1. 多くの補綴物があり、奥歯には欠損があります

  2. ブリッジが入っていますが、その中間の骨が非常に薄く、インプラントを埋めるために十分な骨がありません

  3. 当院でBMP-2という薬剤を用いて骨を再生したことで長さ10ミリのインプラントを植えることができました。

ページトップへ