フロスで何が変わる?|神戸で虫歯治療や根管治療する歯医者なら三宮の高田歯科へお越しください。

メインテナンス症例

フロスで何が変わる?

  • Before
  • After
           

メインテナンス情報

処置について

当院では、治療を受けられるすべての方へセルフケアのレベルアップをお伝えしております。
何故なら、治療中の歯肉の腫れ・出血により治療のクォリティを落としたくないと考えているからです。

その中でも、今回はフロスのご紹介です。
マイクロスコープを通して強拡大にすることで、フロスの糸1本1本にプラークが絡まり、汚れが落ちていく様子がわかります。
この画像をご覧いただくことで、フロスの重要性にやっと気づけたという方も多くいらっしゃいます。

今後、虫歯や歯周病を繰り返さない口腔内の環境づくりをご提案します。

メインテナンス方法

  1. フロスは何本もの細い繊維でできています。
    フロスの糸をしっかり張って歯の表面に押し付けることで、しっかりプラークを搦めとることができます。

ページトップへ