アタッチメント
入れ歯を安定させるために、残っている歯に取り付ける装置。
アパタイト
ハイドロキシアパタイト。リン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分のことで、エナメル質(歯の一番表面の部分)は97%、象牙質(エナメル質の下の組織)の70%がハイドロキシアパタイトでできている。
インプラント
天然歯の代わりにチタン製などの人工歯根(歯の根)を埋め込み、その上に人口の歯を作製する外科的治療方法。
矯正治療-きょうせいちりょう-
特別な装置を使って歯やあごの形を整え、健康な噛み合わせと美しい歯並びを作り出す治療。
コンポジットレジン(CR)
前歯や奥歯の小さい虫歯治療などに使われる白いプラスチックの詰め物。従来のレジンに比べ、陶器に似た審美的な治療が可能。
根尖病変-こんせんびょうへん-
虫歯が進んで歯の根の先まで感染し、膿(うみ)の袋が出来て炎症を起こす病気。レントゲンで撮影すると、黒い影として映る。
サイナスリフト
インプラント(人工歯根)の挿入スペースを確保するために、鼻の横にある上アゴの空洞部分(サイナス)へ、骨や骨補填材を移植して、上アゴの底の部分の粘膜を押し上げ、アゴの骨量を増やす治療法。
歯垢-しこう-
プラーク。食べかすに虫歯や歯周病を引き起こす細菌が結合したもの。
歯根-しこん-
歯ぐきに埋まっている歯の部分。
歯周病-ししゅうびょう-
歯垢(プラーク)が歯と歯ぐきの間の溝(歯肉溝)にたまり炎症を起こす病気。歯ぐきが腫(は)れる「歯肉炎」と、それが悪化した「歯周炎」の総称。
歯周ポケット-ししゅうぽけっと-
歯と歯ぐきのすき間のこと。すき間の深さで歯周病の進行度が診断される。
歯肉-しにく-
歯ぐき。
小帯-しょうたい-
頬(ほほ)および唇の内側の粘膜と歯ぐきとの間に縦に走る、細いひだのような部分のこと。上唇小帯(じょうしんしょうたい)、下唇小帯(かしんしょうたい)、頬小帯(きょうしょうたい)、舌小帯(ぜつしょうたい)がある。
審美歯科-しんびしか-
虫歯や歯周病など、歯の病気治療・機能回復とともに、口元の総合的な健康美を追求する歯科医療のこと。
スケーリング
スケーラーと呼ばれる金具を使って、プラーク(歯垢)や付着物、および歯石を除去すること。
スケーリングを行うことにより、歯周病予防・口臭予防などの効果がある。
セファロレントゲン
顎から頭部までを横から撮影したレントゲン。
横顔の顎の骨と歯の位置を正確に把握することが出来るため、治療を進めていく上で大変役立ちます。
ダイレクトボンディング
MI(ミニマルインターベーション)の一種で、コンポジットレジンなどを使用して、欠損部分を接着する治療法。近年の接着剤と充填材の進歩により、審美的・機能的にも優れた治療が可能になった。
デンタルレントゲン14枚法-でんたるれんとげん14まいほう-
口の中に入れて2〜3本の歯の撮影をするX線(レントゲン)写真を、様々な角度から14枚撮影する方法。
バイオフィルム
歯の表面に付着した細菌がその周辺に多糖体を産生し、これを介して隣接した細菌が互いに膜層を形成して共同体をつくり、一塊となって歯の表面に膜層を形成したもの。
バイオフィルムが一旦出来てしまうと、細菌を包み込むバリアとして働き、その結果抗生物質などの薬品が一切効かなくなってしまう。これを破壊できるのは、機械的な清掃のみに限られる。
パノラマレントゲン
口全体を1枚もしくは2枚のX線フィルムに撮影するX腺(レントゲン)機器。顔の周りをカメラが回って撮影する回転方式と、口の中に細いX線管を入れて撮影する体腔管方式の二つがある。
PD値(Probing depth)
歯肉辺縁からポケット底までの距離。歯周炎の有無を判断する材料として計測します。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯科医師・歯科衛生士などの専門家が専用の器具を使って歯のクリーニングを行い、バイオフィルムを取り除く方法。
保存修復治療-ほぞんしゅうふくちりょう-
詰め物やかぶせものなどの治療。
必要最小限の切削、汚染・感染防止、精密な技工物の条件が揃って、審美的で機能的な修復が可能。
補綴物-ほてつぶつ-
歯を削った部分や歯が抜けてなくなった部分へ詰め物、かぶせ物、入れ歯などを入れること。
ポリカーボネイト
プラスチックの1種。軽量で透明度が高く、耐衝撃性・耐熱性に優れている。
ホワイトニング
漂白剤を使用したり、歯を表面を薄く削りセラミックの歯を接着させて歯の色を白くする方法。
ミニマルインターベーション(Minimum Intervention/MI)
審美治療先進国で推進されている治療法で、最小限の生体侵襲による最大の治療効果を得ようとする概念のこと。
できるだけ「歯を削らない」・「歯を抜かない」・「神経を取らない」治療法。
無痛治療-むつうちりょう-
針を使わない麻酔、レーザーなど痛みを軽減する機器を用いて治療すること。
メラニン色素沈着-めらにんしきそちんちゃく-
通常はピンク色の歯ぐきに、黒や茶褐色のシミや斑点ができること。
レジン
歯の詰め物やかぶせ物に使われる、硬いプラスチックのような複合樹脂。保険適用で広く使用されているが、劣化・変色しやすいなどの欠点もある。
近年、保険適用外の高品質のレジンが登場し、従来のレジンに比べて変色や耐摩耗性が大幅に向上してきたため、ダイレクトボンディングという高度な直接修復にも用いられるようになってきた。
ページトップへ


サイトマップ
プライバシーポリシー