その他の治療|三宮・神戸でマイクロスコープを用いた虫歯治療・お口のメンテナンスなら高田歯科

治療症例

ドックスベストセメントの中は・・・

  • Before
  • After
症状

他院にてDoc’sBestCement(ドックスベストセメント)の治療を受けたのち違和感が続くとのことでいらっしゃいました。
ドックベストセメントの治療においては齲蝕に罹患している軟化象牙質を残したままその上にカッパーシールセメントの発展系であるセメントを充填するようなのですが、転院してこられた人でうまくいっている人を見たことがないので良い治療なのかどうか判りかねるところです。

治療方法

当院の治療方針では軟化象牙質は基本的にすべて除去します。
日本保存歯科学会のガイドラインに則り齲蝕検知液(ポリプロピレングリコール溶液系)を用いながら検知液で染まるエリアはすべて除去します。
その過程で神経すなわち歯髄が露出することもあるのですが、その際にはその部位をMTAセメントというセメントで保護します。
MTAセメントは日本では2007年以降から導入されているセメントの一種ですが、このセメントを用いて神経を保護する治療法は非常に成功率が高く、また、世界中で同様の報告がとてもたくさんある非常に信頼性の高い治療法です。

詳細を見る

DocsBestCement

  • Before
  • After
症状

ほんの3ヶ月ほど前にドックスベストセメントにて虫歯治療を受けてこられた患者さんです。直後から違和感が続き症状改善が認められないために来院されました。

治療方法

ひどい治療がなされていました。マトモな歯医者なら絶対に行わないようなクオリティの低い治療が行われていました。Docs Best Cementが悪いのか良いのかは判断できませんが、ドックスベストセメントや3-Mix治療を行なってこられた患者さんのほとんどすべてがこのように虫歯を大量に残した状態で、その上に チョコンと薬剤が置いてあるだけです。こんな治療で虫歯が治ると思って高額の治療費を支払った患者さんがかわいそうです。きちんと虫歯を除去していったところ神経が露出しました。
しかしながら、露出してきた神経、血管の組織は形態を保っており、感染が歯髄にまで及んでいないことが確認できたのでMTAセメントを用いて神経の保護を行い、コンポジットレジンを用いて仮の詰め物を行いました。後日クラウンにする予定です

詳細を見る

direct-bond

  • Before
  • After
症状

古い詰め物が外れてしまい、その部位の詰め物の治療を希望して来院されました。
幸い、内部に虫歯がなかったために、コンポジットレジンを用いて治療することになりました。

治療方法

歯型を採取し、欠損部位をどのように治すかシミュレーションを行い、金属で型枠を作ります。その金属のプレートを歯に装着した状態で内部にコンポジットレジンを充填していき、審美的に回復します。

詳細を見る

部分矯正

  • Before
  • After
症状

前から4番目と5番目の歯が混み合って生えていて、そこに食べ物が停滞してしまうために4番目の歯に大きな虫歯ができていました。このまま放置すると4番目の歯がダメになると同時に5番目の歯にも虫歯が出来てしまうことが予測されました

治療方法

全体的な矯正治療をするべきなのですが費用と時間と患者さんの希望を擦りあわせていった結果4番目の歯を抜いてそこに5番目の歯を移動させる部分矯正治療を行うこととなりました。結果として一本の歯を失ったのですが、その引き換えに”清掃性の向上”を達することができました。保存不可能な歯は仕方ありませんが、”残せる歯を残す”ことを優先しました

詳細を見る

保存不可能と言われた歯を治療

  • Before
  • After
症状

前から2番目の歯の被せ物が外れて、しかも歯茎から出血を伴う状態で来院されました。
前医ではこの歯は保存不可能で抜歯になると説明を受けておられ、保存治療を希望されてお越しになりました

治療方法

歯には非常に多くの問題がありました。
1.根の治療の不成功により根の先端部に大きな黒い影がレントゲン画像やCTで見受けられました
2.根の治療後に土台を作る際の治療の問題で、土台になる金属の器具が歯の根に対して斜めに突き刺さって唇側の歯肉や周囲の骨に炎症が起きていました
3.歯と歯茎の間にある歯周ポケットが一部分だけ非常に深かったです。これは、歯の形態が特殊で”口蓋溝”という溝があり、そのためにその部分が清掃不良になって局所的に歯周炎になっていました

詳細を見る

ページトップへ