隣りの歯と、見た目はわかりませんか?|三宮・神戸でマイクロスコープを用いた虫歯治療・お口のメンテナンスなら高田歯科

Q&A

隣りの歯と、見た目はわかりませんか?

2017.04.12

インプラントは骨の中に植え込んでしまい、外から見えない部分、すなわち歯で言うところの「根っこ」の部分(フィクスチャーといいます)と、外から見える部分、すなわち歯で言うところの「歯のアタマ」の部分(上部構造といいます)とから成り立ちます。
植え込んだ直後は隣近所の歯と見比べても殆ど見分けが付かないほどですが、年月の経過とともに、歯周病などが原因で歯茎がやせたりすると、歯の場合は「歯の根っこ」の部分が露出します。
インプラントの場合も、同様にフィクスチャーが露出することが無いとは言えません。
その場合は、金属の部分が見えてしまうことがまれにあります。

ページトップへ